ラポマインは多汗症の人でも使うことはできる?

ラポマインはワキガを効果的に抑えられるととても評判ですが、多汗症の人でも問題なく使うことができるのでしょうか。

 

ちなみに、多汗症であればかならずワキガになるわけではない、ということは知っておいてください。

ワキガの原因となる汗は、ワキなどに多くあるアポクリン汗腺から分泌されます。

一方、多汗症というのはそれ以外の全身の汗腺から過剰に汗が分泌される症状のことなのです。

 

では、ここで多汗症の人の口コミを参考に見てみましょう。

 

「私は多汗症ですが、ラポマインを塗るとサラサラした感触なので、こまめに使っていると効果がありそうです」

 

「臭いが強い人や、多汗症の人には向いている商品だと思います」

 

「ラポマインを塗ると、夏の暑い日でも汗が引いていくのを実感できます」

 

どうやら、ラポマイン多汗症の人にも効果があると考えてよさそうですね。

 

 

 

肌は乾燥すると、それを防ごうとよけいに汗や皮脂を分泌する性質があります。
そのため、ラポマインには肌のうるおいを保って汗がなるべく出ないようにするための成分も含まれています。

 

ただし、あくまでラポマインはワキガや汗の臭い用に作られた商品なので、多汗症の人にかならず効果があるわけではないことには注意してください。

 

実際に、多汗症にかぎらず、激しい運動を行って汗をたくさんかくと、成分も流されてしまって、あまり効果が長続きしなくなることもあるようです。

 

しかし、タオルなどでよく汗を拭き取り、清潔にしたうえでワキに塗るという正しい使用法を続けていると、数ヶ月経つうちにだんだん汗の量が少なくなっていった、という人がいるのもまた事実です。
最初から無理だと決めてしまわないで、まずは一度しばらく試してみることをおすすめします