ラポマインをもっとも効果的に使うための2つのポイント

ラポマインを使うようになってから、おかげで長い間悩んできたワキの臭いを解消することができました。
私が実際に使ってみて感じた、もっとも効果のよく出る方法を紹介します。

 

 

まず、目が覚めたらシャワーを浴びて、ワキをきれいにしてからワンプッシュずつ塗ります。
もし汗がすでに出ていたら、重曹水を使ってちゃんと拭きとったうえで塗ってください。

外出中は、昼休みなどの時間を利用して、ワキをウェットティッシュできれいにしたうえで、ワンプッシュです。
ワキを清潔にしておくことが重要なので、それができないときは使用は避けてください。

 

帰宅したらシャワーでワキをきれいにして、すぐにまたワンプッシュです。
もちろん、朝と同じように汗が出ていたら、重曹水で拭き取ることも忘れないでください。

 

すべてに共通して言えるポイントは、まずワキをきれいにすること、そしてきれいにしたらすぐにラポマインを塗ること
この2つのポイントが、ラポマインの効果を十分に引き出すためにはもっとも大事なことなので、よくおぼえておいてください。
これさえ守っていれば、一度塗ったラポマインはかなり長い間臭いを抑えてくれるようになるはずです。

 

 

ラポマインは冬のワキガも抑えてくれる

 

ワキガは、冬だからといって気を抜いてはいけません
ちゃんと夏と同じようにケアをしておかないと、季節にかかわらず臭ってくるものです。
電車や会社で自分が周りにあの臭いを放っているのかと想像すると、それだけでもう堪えられなくなってしまいます。

 

でも、ラポマインさえ塗っておけば、わざわざ日中に塗りなおさなくても、一日中効果が続くので安心です。
夜になっても、よっぽどワキに鼻をくっつけさえしなければ、まず大丈夫ですよ。

 

 

ラポマインはワキ以外の場所も臭いを抑えてくれる?

 

とにかくワキガを効果的に抑えてくれると評判のラポマインですが、じつは私の悩みはワキの臭いではありません

 

恥ずかしいけれど、足の裏が臭ってしまうのです。
そのせいで、ほかの人がいるところではなかなか靴を脱ぐこともできません。

 

何とかこの臭いをなくそうと、いろいろな商品を使ってはみたのですが、効果がいまいちだったり、効果はあっても刺激が強すぎて肌に合わなかったりと、なかなか良いものには巡り会うことができずにいました。

 

そんな私が思いついたのが、ラポマインです。

 

もちろん、ワキ用の商品だということはよく知っていますが、もしかしたら足にも効果を発揮してくれるかもしれないと、淡い期待を抱いて試してみることにしました。

 

まず家に届いたときには、いかにもデオドラントですといったパッケージではなく、使う側の気持ちに立っている配慮だなあと感心しました。
実際につけてみると、ジェルクリームの感触が優しく、肌にはとてもよさそう
うるおいがあたえられる感じがしたので、目的の足の裏から甲にまで広げて塗ってしまいました。

 

ただ、臭いをなくす効果に関しては、これまで使ってきた商品とそれほど差を感じることはありませんでしたね。

 

結局、ワキ専用の商品を足の裏に使うこと自体に無理があったのかもしれませんね。